ヘデのおうちストーリー

旦那様はせっかちにも千の風となり、子育ても卒業したヘデが2015年10月に平屋を建て替えました。その成り行きと現在の生活雑記を綴ります。ブログ超初心者です。

剪定と春の気配🌱

寒い、寒いと言っているうちに、
陽射しは確実に春が近づいていることを教えてくれています。
昨日、例の近所のおじさんが植木のパトロールをしてくれていました。
ちょうど窓掃除をしていたので、ちょっとおしゃべりしました。
晩秋の剪定のときに宿題にしていたハナミズキとシマトネリコ、ソヨゴといった
へでやでは高木の剪定のことです。
おじさんも気にはしてくれていたようで、どのくらい切りたいのか
へでの意向を聞いた上で剪定しようと思っていたそうです。
でもなかなかへでを捕まえることができなかったみたいです。(^.^;
あまり高くなると手入れが大変だと言われました。
へでとしては、横にもボリュームが欲しいことを伝えました。

お昼を義父母と外で食べて帰ったら、おじさんが早速仕事に取り掛かっていました。
フットワーク良いですね。さすがです!(^-^)
Before

After

ついでに低木もカット。おじさん、潔いです。(^-^;

この時期に花が咲くものがないのが淋しいと言ったら、
「大きくならない梅の木でも奥の方に植えたら」と言われました。
へでがうなづいたら、「また見繕って植えておいてあげるわ~」とのこと。
消毒剤散布もついでにお願いしちゃいました。(=^_^=)


おじさんに言わせるとHMの庭作りは、値段が高い割には適当と散々です。
へでやの植栽も身も蓋も無い言われようです。:(T-T):
買って来たものか、鳥が運んだものの自生かも定かではないへでですから
ぐうの音も出ません。
でもご近所にこうして気に掛けてくれる人の存在があるのはありがたいです。


そうそうおじさんに叱られて、植え替えをしていたサクラの木です。


植え替えして1ヶ月程は水やりに励んでいましたが、
何せバケツに水を入れての坂道往復なので、
梅雨が来る頃にはもうパス(―_―)ノ“
あの猛暑の頃には完全スルーしていました。
思い出して恐る恐る見に行ったら、健気に芽を出していました。
薄情なへでをお許しくださいませ。m(__)m


行ったついでに義父の庭の片隅を見ると

ふきのとうが芽を出していました。

3本ある梅の木にも蕾がついていました。

高齢の義母ですが、庭のお手入れは、へでなんか足元にも及びません。(^ー^* )
葉っぱも落ちていないし、草も生えておりません。
すごいものです!f^_^;


明日からの寒波は、どうぞお手柔らかに・・・













×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。