ヘデのおうちストーリー

旦那様はせっかちにも千の風となり、子育ても卒業したヘデが2015年10月に平屋を建て替えました。その成り行きと現在の生活雑記を綴ります。ブログ超初心者です。

ニッチって・・・

連休も後半に入りましたね。
昨日は、2時間程休みを取っっちゃいました。
明るいうちに帰宅の途につくと、人生観が変わりますね。(^.^;


今回かなり前に下書きをしていたものです。


ニッチという言葉は、へでやが建った後にブログを見るようになって知りました。

飾り棚として、皆さん、とってもオシャレに取り入れられていますね。
実はニッチという言葉は知らなくても、
旧宅のリフォームの際には、いろいろなところの壁をくり抜いていました。
限られた空間のリフォームなので、余裕のあるスペースなんてありません。
もう壁をくり抜くしか、空間を作ることはできなかったためです。
キッチンでは、コンロ横に調味料棚をステンレス素材で作ってもらいました。

ダイニングでは、ちょうど洗濯・物干しスペースに行くドアをがあったので、
そこを潰すついでに飾り棚にしました。

洗面台右横にも、小物入れの棚を作ってもらいました。
奥行きが浅いので、ちょい置きの場として使い勝手がとても良かったです。

洗面台の後ろの壁には、タオル掛けのバーを付けてもらいました。

洗面台左横の鏡も壁厚を利用しています。
扉を開けると、中に棚がずらりとあって
扉の裏面も同じように鏡がついています。
洗面台の鏡と組み合わせると三面鏡となって重宝しました。
ニッチというものではないかもしれまでせんが、同じように壁厚を利用して
トイレにも物入れと消臭温風暖房がセットになっているものを取り付けました。

図面などではなく、棟梁に直接「ここにこんなふうにお願いします。」と
お願いしたものもあります。
奥行きはとれませんが、それだけに使い勝手は良かったです。
特にタオル掛けは、洗濯・物干しスペースに行く通路に
出っ張ることなくタオルが取り付けられて便利でした。
きっと何かの雑誌で見かけて、飛びついたのでしょうね。
(まさかブログをするなんて思いもよらなかったため
良い写真がほとんどないのが残念です。
旧宅を取り壊す1週間前に撮った写真がかろうじてありました。:(T-T):)


さてさて、今回のへでや建築では、
玄関当たりにニッチがあった間取りもありましたが、
間取りが二転三転するうちにいつしかなくなりました。
へでも、ニッチにまで気を配る余裕もなくしていました。
まぁ、内装工事のときに言っても何とかなるかな、なんて先送りしちゃいました。
ところが、旧宅のリフォームの工事と違って
積水ハウスさんで建てる工事の進行の速いこと速いこと!
気がついたらもう下地ボードが張り終わっていました。
下地補強を追加でお願いしたいところさえも間に合いませんでした。(>_<)
相変わらずのへでです。


ということで、へでやにはニッチというものが一切ないのかというと・・・
・・・それがあるのです!

これです。
キッチンのところに一カ所だけあります。
引き渡しのある少し前に知りました。(^^;
玄関モニターを兼ねたHEMS君、
(へでやでは玄関モニターとしてしか使っていませんが・・・)
照明スイッチ、エネファーム君のモニター、24時間換気のスイッチが入っています。
下、右下部分の空間は謎です。f^_^;
「何か飾りましょう!」と言われても、この奥行きではね・・・
豆粒大のお雛様があったので置いてみましたが、
遊びに来た孫娘がエネファーム君のモニターの上に置き換えました。
こちらの方が、目線との高さが合うようです。


さて、へでが普段食事をしているキッチン横にも似たような機器がついています。

太陽光発電ちゃんのモニターと床暖房(リビングとキッチン・ダイニング)のスイッチです。
この子たちは、壁に直付けで、お家?は作ってもらえませんでした。
しかも、3つの間隔が微妙に違っています。(^^;


ニッチを作るかどうか、ちょっと聞いて欲しかったなぁと思います。
大きさ、奥行き、用途等、聞かれたらそれなりにへでも考えたでしょう。
外壁に面した壁ではないので、
断熱材が減ってしまうことを懸念しなくてよいところではないかなと
素人考えではありますが、そう思っています。
旧宅のリフォームでは、とにかく限られた空間で、
少しでも快適に過ごすために無い知恵を絞って考えたへでですが、
今回の建て替えでは間取りを考えることに一生懸命で、
残念ながらこういう細かなところに目を向ける余裕がなくなっていました。


いまさらこんな細かいことを言うのも、
人間の器の小ささを露呈するみたいで恥ずかしいです。
だから記事を書いたまま公開しないで埋もれさせていました。
GWですものね・・・公開してもいいかな?f^_^;














×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。