ヘデのおうちストーリー

旦那様はせっかちにも千の風となり、子育ても卒業したヘデが2015年10月に平屋を建て替えました。その成り行きと現在の生活雑記を綴ります。ブログ超初心者です。

メンテナンスのあれこれ

暑い暑いと言っている間に、8月になりました。
1年間で夏服でいる期間が年々長くなっているように思えます。


さて、今回はプチストレスの話題です。
いろいろ迷った末に選んだパソコンデスクの椅子のことです。

しばらくご機嫌で使っていたのですが・・・
なんと、脚部につけている傷防止のフェルトがずれてしまうのです。
仕方なしに外してまたつけ直すのですが、だんだんその頻度が増してきました。
粘着力がどんどん落ちるのは、当然ですよね。(>_<)
椅子を引いて立ち上がる度に点検して、ずれを直す・・・
些細なことですが、毎度となるとさすがにダメです。

そこでとうとうフェルトを外して、百均で買ってきた脚カバーを取り付けました。
裏にははずれにくいように滑り止めが一応付いています。
これで機能的には、床の傷予防ができるわけですが・・・
元々この椅子を買ったのは、
使っていたキャスター付きの椅子が床を傷つけるのを危惧してです。
それなのに、この状態は哀しいですよね~


購入したカリモクのお店に電話してみました。
すると翌日には、フェルトを交換しに来てくださいました。
今度は、専用ボンドで入念にくっつけたので、大丈夫だと言われました。


キッチンの椅子の方は全くフェルトがずれないので伺ってみると、
こちらは釘留めだそうです。

絶対ずれることはないのだそうですが、フェルトが摩耗して交換するときに
少々手間がかかるということです。


フムフムです。いろいろ方法があるのですね。
「フェルト交換の際には、またお願いしますね~(^.^;」と横着なへでが言うと
「いつでもお電話ください。」と言ってくださいました。
ありがたいことです。(=^_^=)


カリモクの椅子はへでにとっては、決してお安いものではありませんでしたが、
こうしてすぐにメンテナンスに来てもらえるというのは、助かります。
4半世紀前にダイニングセットを作ってもらったお店もお付き合いが続いています。
不具合が出るとすぐに来てくれます。
用事が済んだらすぐにお帰りにならないで、
お茶を飲みながら少しおしゃべりタイムがあります。
今回のカリモクさんもそうでした。
こうしてつながりを保って、また商機を広げていくのでしょうね。
それは分かっていても量販店にはない温かみを感じます。
家具だけでなく電化製品、車もそうですが、
メンテナンスが必要なものは、横着な一人暮らしのへでには、
困ったときにすぐ駆けつけてくれる王子サマが必要なんです。
年齢を重ねていくと、ますますその必要性が高まりますよね。
耐久品を買うときには、お値段だけでなく
アフタサービスにも目を向ける必要がありそうです。
耐久品の最たるものがお家でしょうか。
積水ハウスさんに期待しています。(-^〇^-)


そして、へでもお庭のメンテナンスに勤しみました。

枝葉の伸びた日々草をちょっとかわいそうですが、刈り込みました。
更にかわいそうな様相となりました。(*_*)

こちらは種からの日々草です。
ようやく花をつけだしましたが、非常に貧相です。(T_T)


へでにメンテナンスを期待するのは、無理みたいです。(ヘ。ヘ)









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。