ヘデのおうちストーリー

旦那様はせっかちにも千の風となり、子育ても卒業したヘデが2015年10月に平屋を建て替えました。その成り行きと現在の生活雑記を綴ります。ブログ超初心者です。

義父の旅行の顛末

立春を迎えましたが、寒さはこれからが本番ですね。

インフルエンザも流行って来ていますしね。

やっぱり冬よりも夏の方が過ごしやすいかな?


今朝は義母の早朝電話で目が覚めました。

すわっ、何事ぞと受話器をとると、

旅行に行って昨晩遅く帰って来るはずの義父が

今朝になってもまだ帰って来ないとのことでした。Σ( ̄ロ ̄lll)

義母は昨夜は一睡もしないでやきもきしたようでした。

何かあったら旅行会社から連絡が入るはずですし・・・。

とりあえず着替えて、まだ暗い中を義父母宅へとっとこ走って行きました。


旅行の日程表の裏面に記載されている添乗員さんの携帯電話に電話してみると

バスの前の方の車が事故で渋滞し、予定の飛行機に乗れず

手配したホテルで延泊して、今、空港に向かっているとのことでした。

電話口に出た義父はいたって元気そうでした。

現地組は会社の方で連絡がいっているものと思っているみたいでした。


緊急連絡先に記入していたのが義母の携帯電話で

運悪く充電切れだったみたいです。(>_<)


日頃は、しっかりしている義母ですが、

日程表の裏面を見るという発想はなかったみたいです。

また、深夜にへでをたたき起こすのもためらいがあったようです。

かわいそうなお母さん!(T△T)

そして、義父はお土産を持って、無事帰って来ました。

余分に一泊しても特に義父的には支障はなかったみたいです。(^-^;


今回のことで、義父のタフさに感心しました。

ふだん、ちっとも健康面に気をつけているようには見えないのに

泊ツアーに参加して楽しめる余裕の体力!(^^;

さすが両親とも100歳の天寿をまっとうしたDNAを受け継いでいます。

そして、税理士に渡す確定申告の書類を

義父の分までまとめているしっかり者の義母の意外な脆さ!( ̄_ ̄|||)


旅行会社には、もう少し丁寧に対応していただきたかったです。

現地の父へ、家への連絡がとれないことを伝えていただければ

父から家電話へ連絡すれば済むことですから・・・。


まぁ、義父が無事に帰宅できて良かったです。

これに懲りた義母から次の旅行の許可が下りるのは少し期間が必要かも。(^-^)


節分が終わったので、玄関の靴箱の上も模様替えです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。