ヘデのおうちストーリー

旦那様はせっかちにも千の風となり、子育ても卒業したヘデが2015年10月に平屋を建て替えました。その成り行きと現在の生活雑記を綴ります。ブログ超初心者です。

母が入ったホームの設備

義父と近所にできたグループホームを見に行ったことは、以前記事にしました。

義父が行くということで、野次馬的にくっついて行ったへでです。(^.^;
残念ながら余り良い印象ではありませんでした。
でも、お家作りと同じで実際の物件を見ることは大切だと思います。


へでの実母は転倒して入院し、
退院後には自宅での生活をあきらめて施設にお世話になっています。
入院前は兄の家族と敷地内別居で、自立した生活を営んでいた母ですから
不本意な状況でしたが、兄夫婦もへでもフルタイム勤務なので納得してもらいました。
ショートステイの形態なので、
月に2回は週末に2泊3日で自宅に戻る生活を続けていました。


食事は上げ膳据え膳で、洗濯掃除などから解放された生活は悪くなさそうでしたが
やはりショートステイの形態は落ち着かないようでした。
自宅に戻るときには、荷物を全部持って帰らないといけないのです。
また、自室にトイレがなく、共用トイレであることも
潔癖な母としては、切ないようでした。
仲良くしていた同室の方が、よそに移った後は淋しさも募ったようです。


母からの要請を受けて、家から近くて手頃な所はないかなと思っていました。
外泊中の母が、催促するので、ケアマネージャーさんのリストの中から
ホームページを閲覧して、その中から1番良さそうに思えるところに電話しました。
すると一室空きがあるというではありませんか!
すぐに兄と母と一緒に見学に行きました。
善は急げです。

築2年半ぐらいなので、とてもきれいでした。
共用トイレも機能的で、それでいてオシャレでした。
エレベーターホールの所には、健康器具が設置されていました。
母は結構こういったものが好きです。(^.^;


共用のホールを抜けて部屋の方に行ってみました。

個室としては、例のグループホームに比べたらかなり好感をもちました。
テレビ等の電化製品や家具は持ち込みで、カーテンも自分でつけます。
ホテルとまではいきませんが、病院という感じではないのがうれしいです。


気になる浴室はというと、

浴室前のホールがあって、そこから洗濯室を通ります。
その奥に脱衣所があります。
仕切りがあって、それぞれの脱衣所から浴室に入るようになっています。
プライバシーに配慮されています。

浴槽は2個あり、間に仕切り戸があります。
無骨ですが、浴槽はスライドできるようになっていて、
いろいろな形態で入ることを可能としています。
今のところ母は一人で入浴できていますが
今後のことを考えると心強いです。


電話を入れてから2時間後には、契約書に記入しました。
実家からもへでやからも近くて、母にも土地勘のある場所です。
母もショートステイ生活を続けた後なので、退院直後よりは納得できたようです。


お家作りのときにも感じたのですが、
こういったものは、地道な積み重ねはもちろん大切ですが
出会いというのも重要なのではないかなと思いました。


ここを拠点として母が笑顔で、自宅やへでやに行ったり来たりして
心穏やかに暮らしていけることを願っています。
将来的には、へでの身にも訪れることですから・・・(^^;


介護保険では適用されるベッドが1台に限られるので、
今回の施設入居で外泊のときに使っていたレンタルのベッドは、返却しました。
畳の上に敷いたお布団では、母は起居が難しいので新たにベッドが必要です。
すると兄が自分で作っちゃいました!

自作すると聞いたときには、無謀なことはおやめなさいととめましたが、
兄はさっさとホームセンターに行って材料を調達して、3日かけて完成させました。
今週末に外泊で自宅に戻る母は、息子のお手製のベッドで眠れます。
母が気に入ってくれると良いのですが・・・(^.^;
使ってみての不具合は、また兄が改善すると思います。
同じ親から生まれたのに、器用さは兄が全部もっていってしまったようです。(^^;













床暖房の落とし穴・・・f^_^;

3連休、皆様いかがお過ごしですか?


へでは、連休初日は以前一緒に働いていた職場の先輩2人とお茶しました。
先輩たちの内のお1人の息子さんがこの夏にオープンさせた喫茶店に集まりました。
その方とは本当にお久しぶりでしたが、こうしてお会いすると
ブランク無しにお話しできてとても楽しかったです。
お2人とも充実した日々を送られていて、良い刺激をいただきました。(^ー^* )
昨日は先日の同窓会の幹事の1人がスナップ写真をわざわざ届けてくれました。
アフターまで行き届いた心遣いに感謝です。m(__)m
今日は友達が2人が来てくれて、へでやでランチです。
楽しみです。(=^_^=)
その合間を縫って母のところに御機嫌伺いです。
そうしているうちに、お正月後の空の巣症候群は癒されてきます。
ありがたいことです。(*^-^*)


さて本題です。
この冬は例年よりも寒さが厳しいような気がします。
雪が降ることは稀なへでやの地域も、
冷たい風が吹く日は身を縮めて過ごしています。
♪家に~帰れば~積水ハウス~♪ということですが
暖房はもちろん必需品です!
へでやでは、建て替えにあたって灯油ストーブとはおさらばしました。(^.^/)))~~~
炎の前に座り込み、お湯を沸かしたり鍋物を炊いたりするのは大好きなのですが
これからは灯油の購入、運搬に負担がかかりそうですし、
火の取り扱い、室内の空気の汚れ、空間占拠を考えて手放しました。


暖房としてはほとんど使っていなかったエアコンと
新たに床暖房がそれに代わりました。
寒い家に帰ったときに、室温を一気に上げるのはやっぱりエアコンですね。
へでやには和室、寝室、LDK、洗面所に設置しています。
ささやかなへでやの全室にエアコンがあるのは、
建て替えの1年程前に年代物のエアコンが次々に天寿を全うしたせいです。
ZEH申請のためには、エコ仕様の強力なエアコンもLDKには必要とのことで
旧宅からの3台の内、余った1台は洗面所に付けちゃったわけです。
よほど寒いとき以外は、寝室かLDKのエアコン1台を稼動させれば、十分です。
全室オープンのへでやですが、
エアコン稼動時にはさすがに和室の襖は閉めています。


へでやでの3度目の冬ですが、暖房の主役は床暖房になりました。
ウィークデイの床暖房はタイマーセットして、朝晩に使用しています。
へでやはサービスで、寝室、LDK、洗面所、トイレに床暖房を設置しています。
晩は帰宅する前のだいたい3時間前ぐらいにONです。
玄関の戸を開けて、室内に入ったときにほっとする程度の暖かさですが
設定目盛りが渋ちんなせいか、急いで上着を取る程の暖かさではありません。
帰宅後は慌ただしく過ごしているので、その程度で良いかなと思っています。
休日一日家に居るときには、床暖房は威力を発揮します。
じっくり家中を暖めて昼前には設定目盛りを最低の1にしても
服を1枚脱ぐ程になります。
暖房をしていることを忘れる快適さです。
もうどこにも行きたくなくなります。
でも残念ながら週末も結構忙しくて、
家の中でくつろぐことが少ないのですよね。:(T-T):


ところで和室以外は全室床暖房ですから、
スリッパ不要のライフスタイルと思うわけですが、
そこに落とし穴があるんですね。(^^;

リビングと寝室の境です。
床暖房というのは、部屋全部に設置しているわけではなく
部屋の外周は設置されていません。
つまりスリッパ無しで家の中を歩いていると、
温かいところと冷たいところがあるのです。
日頃開け放しているこの戸の敷居周辺は冷たいんです。

壁近くには物を置くことが多いので、上の写真のようなところだと問題はありません。
また玄関は、床暖房を付けていないので初めから期待していません。
でも、部屋から部屋へ歩くときに、冷たい床の上を通るのはちょっとね・・・(-_-)

左上は和室に入るところ、左下は玄関からLDKに入るところ、
右はキッチンから洗面所に入るところです。
廊下とは言えないほどの空間ですが、頻繁に通るところなんです。
ぴょんぴょん跳んで行きましょうか?(ヘ。ヘ)


長い間そこにいる場合には、さらに困ります。

パソコンカウンターで椅子に座っているときは下ろした足先が冷たいです。(≧ω≦)
洗面台前で歯磨きをしているときには意識して半歩後退です。f^_^;


サービスで付けてもらっているので、文句を言うのもなんですが
快適な分、そうでないところが目立っちゃうんです。(^^;


地震等の災害に備えて、スリッパがあった方が安全だと聞きます。
その一方で、スリッパが原因で転倒したということも聞きます。
横着なへでとしては、スリッパはない方がありがたいのですが、
どうしたものでしょう?


さぁ、友達が来る前に掃除、ランチの用意をしましょうね。
そして明日から仕事も本格始動です。o(^-^)o
















同窓会に初めて行って

皆様、遅ればせながらあけましておめでとうございます。(-^〇^-)
今年も自己満足に終始のブログですが、
細々と続けていけたら良いなと思っています。
どうぞよろしくお願いします。(^v^)


年末に娘と共にへでやに戻り、息子ファミリーと合流し
義父母も加わってお正月は賑やかに過ごしました。
ただ今は祭の後の侘しさを毎度のことながら味わっております。:(T-T):
こんなときには仕事に行くのが1番の対処法ですね。
仕事を続けていて良かったと思うのはこんなときですね。(^.^;


今年のお正月の最大のイベントは高校の同窓会に初めて参加したことです。

何せ、うん十年振りですので、参加の通知を出した後も少々不安でした。
当日は朝からそわそわ気味に身支度を整え、娘に送ってもらいました。
総合選抜3校合同ということで、ホテルの別館が貸し切りでした。
お昼前から記念撮影があり、着席してから開始までも結構時間がありました。
参加者名簿を見ながらキョロキョロしましたが、
知った顔にはなかなか目が留まりませんでした。
そんな中で、声をかけてくれる人がいてようやく人心地ついたへででした。(^-^;


乾杯の前に、何と記念講演というものがありました。
へでも少し前にニュースで見ていたのですが、
賞金額の多さにしか心に残っていませんでした。(^^;
受賞者の方がまさかこの地で高校生活を送っていたなんて夢にも思いませんでした。
まさに同期生の誉れです。🎉🎉🎉🎉🎉🎉
かつての学友に分かり易く研究の概要や経過をお話ししてくれました。


いつもは会費分の食べ物は胃袋に入れるへでですが、
今回は食べるよりも歓談に心が奪われました。
予想通り高校だけでなく、小学校、中学校卒業以来の再会シーンがたくさんありました。
面影を残している人、面変わりしている人といろいろですが、
話をすると、一気にタイムスリップできるのはありがたいことです。
恩師の方々がかくしゃくとされていたのには改めて敬意を表しました。
記念撮影を含めると6時間に及ぶ同窓会でしたが、長いとは思えませんでした。


余興の一つに杜甫の「春望」の白文を読むのがありました。
名札番号で指名された人が起立して読みます。
久しぶりにドキドキでした。f^_^;
冊子の次のページにはこんなものが・・・

当時の学級日誌に記載されたものだそうです。
なかなかの力作ですよね。
会場は笑いに包まれました。
また多分同じ作者だと思いますが
この会に臨んで作られたものが載っていました。

一同笑いながらも、どこかでほろ苦さを味わいました。
こんな文才のある方もへでの知らないところにいたのですね。(ヘ。ヘ)


余韻を楽しみながら会場を出て、家に着いたときには
魔法のとけたシンデレラの気分でした。


3校からそれぞれ幹事を出して、
案内通知、名簿作成、会場の押さえ、余興、映像、連絡調整・・・
へでが想像する以上に大変な労力と時間を幹事の方々は費やしてくださって
この盛会につなげたことを思うと、脱帽です。m(__)m
本当にありがたいことです。
これからの人生も同期の方々に恥じないように積み重ねていきたいと思った次第です。
(この思いが長続きしたなら大したものですが・・・)
良い思い出がまた一つできました。(=^_^=)


お家ネタではなかったのでへでやの新春の玄関です。

良い年となりますように!(^O^)