ヘデのおうちストーリー

旦那様はせっかちにも千の風となり、子育ても卒業したヘデが2015年10月に平屋を建て替えました。その成り行きと現在の生活雑記を綴ります。ブログ超初心者です。

3年目の内覧会~和室

前回の玄関に続いて、今回は和室です。
旧宅では、リフォームのときに、収納と引き替えに泣く泣く床の間を潰しました。
掛け軸を出して飾りたいと思って、へでやでは床の間復活です。o(^-^)o
打ち合わせのときの間取り図です。
初めは4.5畳でもいいかなと思っていました。(左上図)

でも床の間は、もうちょっと広い方が気持ちいいし、
正月に息子ファミリー、娘が使う寝具を収納する押し入れは、それなりの大きさが必要。
ということで、結局右上図に決まりました。
けれども、これには思わぬ落とし穴がありました。
積水ハウスさんは、メーターモジュールということを聞いていたので、
へではてっきり畳の大きさが1m×2mに近いと思い込んでいました。
だから同じ6畳でも旧宅よりも広くなると勝手に決め込んでいました。
()の6.4 や7.4の数字なんか通常の畳に換算した大きさだろうと思っていました。

そうではないと気付いたのは、住み始めてしばらくしてからなんです。
ホントにおバカです。:(T-T):
旧宅の畳は、95.5×191.0で結構大きめのものだったのです。
だから畳6枚分の大きさで比べるとへでやの和室は旧宅の86%しかありません。
当然、押し入れも旧宅に比べて小さくなってしまい、
敷布団、掛け布団を入れたら、横幅はもうぎゅうぎゅうです。
旧宅では押し入れの壁3面にすのこを立て掛けていましたが、
へでやでは、そんな余裕の空間はありません。
和室に息子ファミリーが3枚の布団を敷いたら、掛け布団が重なってしまいます。
まぁ、4枚布団を敷く必要がある頃には
孫達はもう泊まりに来なくなる年頃になっていることでしょうが。(^-^;


更にびっくりしたのがこれです。

襖があれば敷居というものが付くのですよね。
その敷居がまさかの白木なんです。なんで???
釣り戸でも良かったのです。
いえいえ、是非とも釣り戸にしていただきたかったです。
せめて埋め込みレールにでも・・・
敷居は白木ということもあってか、引き渡しまでずっと養生されていました。
まさに開けてびっくりでした。(@_@)
間取り図を見れば、幅広の敷居らしきものが載っていますが、
完全にスルーしていました。
踏まないように気をつけて、時々から拭きするしかありません。(-_-)

天井はへでやでは唯一の板張りです。照明もここだけは天井取り付けです。
畳は今はやりの半畳のものではなく、昔ながらのもので、しかもい草です。
普段は開け放しなので、い草の香りはもうしなくなりましたが、
数日襖を閉めていて開けると、まだほのかにい草の香りがします。

間取りの都合上、押し入れと反対側に空間ができたので収納にしました。
下には旧宅の押し入れ収納を、上には座布団を入れましたが、
広い方の押し入れの方がまだ4分の1空いているので
そこに座布団、シーツ類を入れちゃえば
ここは板張りにしておいても良かったかなと今では思います。
泊まりに来た息子ファミリーの荷物置きにもなるし、
将来お仏壇を入れてもいいし・・・。
初めに押し入れ収納を入れようとしたことがいけませんでした。
ここはリフォーム希望その1です。


襖、壁紙は無難一点張りです。

おてんばルンバちゃんは、塗り壁風の壁紙に足跡?を残すので、
和室にはお出入り禁止です。
襖、畳を交換するときには、今度はもっと遊びたいと思っています。
座卓も何も置いていないので、襖、壁紙が無難過ぎて殺風景です。


障子と床の間です。

障子は、憧れていた雪見障子を付けましたが、
今の季節、左側は上まで上げてもここまで落ちてきて止まります。
冬の乾燥時期は更に落ちてきたりして、なかなか調整しづらいです。
カスタマーズの担当氏もこんなもんだとおっしゃっていました。(>_<)
今ではめったに上げることもしなくなりました。


冒頭の理由で、残念ながら床の間は思ったほど広くなりませんでした。(T_T)
アクセントクロスはもう少し濃い方が空間が締まった感じになったかなと思います。
へでとしては旧宅のように
床の間3面ぐるりとアクセントクロスが貼られると思っていましたが
今はこれが通常の貼り方なんだそうです。


和室の外に鎮座しているのは、ご存知エネファーム君です。

和室がいつのまにか縮小されたのは、彼の居場所を確保するためだったのではないかと
へでは疑っております。(-.-)
おのれ・・・!なんていまさら言うのもなんですが・・・(-_-メ)


掃きだし窓のガラス拭きには、脚立が必要です。
ここに濡れ縁か靴置きの石を置いてもいいかなと近頃は思うようになりました。


なんだかんだと、文句ばっかりつらつらと書き綴ってしまいました。
へでやの非日常の唯一の空間が和室です。
年に1度、息子ファミリーのお泊りしか使われない空間です。
小さなへでやのゆとりの空間と思えば、貴重なものといえるでしょうね。(*^-^*)











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。