ヘデのおうちストーリー

旦那様はせっかちにも千の風となり、子育ても卒業したヘデが2015年10月に平屋を建て替えました。その成り行きと現在の生活雑記を綴ります。ブログ超初心者です。

もうっ、エネファーム君たらっ!・・・

寒さも本格的になりましたね。

この時期が受験シーズンなんて、どうにかならないものでしょうかね。

受験生本人はもちろん、ご家族も風邪やインフルエンザ、交通の遅延・・・と

気を揉むことが多いですよね。

そんなことも今では懐かしい思い出のひとこまとなったへでです。


へでやのただ今の道楽息子、エネファーム君です。

和室の前の片隅に鎮座しております。

結構な食事(ガス)量のためか、良い体格をしています。


昨晩仕事から帰ると、モニターに赤色マークがついていて「保護動作中」の表示が!

疲れと空腹感を我慢して、取り扱い説明書の分厚いファイルの中から

エネファーム君の取り扱い説明書を取り出して調べました。

「次回の発電をお待ちください」とのことなので

「明日の夜まで発電しないのね。いいわよ。」です。

もともとあんまり働きに期待しているわけではないので・・・。


近頃はエネファーム君ご自慢の「自動発電おまかせ」はやめて

夜の7時から11時までの予約発電としています。

だって、へでが仕事でいないとき、眠っているときの空きを見計らって

発電したがるエネファーム君。おまかせなんてできませんよ・・・。f^_^;

使用電力量以上の発電はしないので、作る電気はちょっぴり。

だからついでに沸かせるお湯の量もちょっぴりの仕事ぶり。

ということで、予約発電です。

加湿器、テレビでもう限度オーバーですが、

エネファーム君が働いているのがまぁ、実感できます。


そして、今朝起きて見ると、エネファーム君のモニターにエラー表示が!

またまた、取り扱い説明書を取り出す羽目に💢💢

・・・床暖房をずっとつけておりました。

だったら、使わないようにって、書いておいてくださいよ。(>_<)


今シーズン1番の寒波なのに床暖房を切って、

しばらくしてから記載通りに操作をすると、

モニターのエラー表示は消えました。

そして昨晩まで目盛り3まであった貯湯はなぜか0に・・・(*_*)


出来の悪い子ほどかわいいといいますが、

なかなかの性悪ボーイ、エネファーム君です。Σ( ̄ロ ̄lll)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。