ヘデのおうちストーリー

旦那様はせっかちにも千の風となり、子育ても卒業したヘデが2015年10月に平屋を建て替えました。その成り行きと現在の生活雑記を綴ります。ブログ超初心者です。

拭き拭き、撫で撫で(*^-^*)

へでやのダイニングセットは旧宅をリフォームしたときに、購入したものです。

もう四半世紀が経ちました。

子育て中のダイニングテーブルは、ありとあらゆる想定外のことが起こります。
なのにオイル仕上げですから、無防備でした。
しばらくすると、シミだらけとなってしまいました。
一度は作ってもらったところに連絡して、カンナで表面を削ってもらいました。
すると無垢の良さで、見た目新品になりました。
その頃になると、子どもたちも大きくなり、
想定内?のアクシデントにとどまるようになりました。
でもよく見ると、シミや傷がこんなにも・・・

下のものは、学校のプリントを下敷きを使わないで、
直接シャーペンで書いたのでしょうね。
かなり大きくなっても、ダイニングテーブルで勉強していた人たちのしわざでしょう。
今となっては、懐かしい思い出です。
職人さんは、無垢なら絶対オイル仕上げだと言って譲らないので、
当時は不満でしたが、今では風合いが出て来て良い味を出しています。
気が向いたときに、から拭きをしています。
そして更に気が向いたときにオイルを塗っています。

譲ってもらったオイルをちょこっとタオルにつけて拭き拭きです。
ついでにキッチンのテーブルにも。

こちらのテーブルは同じところで作ってもらったのですが、
まだ新しいので初々しい色合いです。
タオルにまだ油分が少しあるので、こちらの更に年代物?の本棚にも


こちらは塗料仕上げですから、本来はから拭きですが、まぁ、お付き合いです。
家具は、可愛がってあげると喜びます。
拭くというより、撫で撫でしてあげます。
家具ではありませんが、ピアノもへでやのものは本棚よりも更に長老格です。
こちらは専用の布で拭き拭きします。
このピアノも子育て中に悲惨なことになり、
旧宅のリフォームの時にクリーニングに出し、
へでや建て替えの際にも、またクリーニングに出しました。
歴戦のツワモノです。

結婚祝いにいただいた手作りのピアノカバーも久しぶりにクリーニングに出しました。
カバーが無いとやっぱり殺風景なので、これまた古い古いカバーを出してきました。
家は新しくなりましたが、へでやの中は長老格のものが幅を効かせています。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。